2019年9月15日日曜日

チチョから学ぶミロンゲーロ感


4月あたりから 先月まで
チチョのインタビューレポートを配布していました。


あれは ペパさん という女性が
たくさんのトップダンサー達へ 質問をし、答えてもらう形での
無料のトークショーです。


初めて このブログの中で その話題に触れたのは
2011年でした!

  8年前の「あなたに質問があります」


もうそんなに前だったんだ!!!



レポート3冊分の インタビューを
翻訳するだなんて ・・・ ちょっと今じゃ出来ひんわ。



それで、この「Tengo Una Pregunta para vos」
(あなたに質問があります)
のスペシャルエディション

先月アップされてました。


白いブラウスの女性がペパさんです。






この動画のコメントで

チチョが2003年、まだ 出始めでルチアと踊ってた頃
ピアソラの曲で 非常にセンセーショナルな出現をした当時から知ってる方が

次のように言っています。


彼のようであるには
 まずは ミロンゲーロである必要がある


チチョは ただ長くタンゴをしているだけでなく、
彼自身がタンゴそのものだ 



と。



まったくもって 同意です。


ここで言っている ミロンゲーロというのは
単にスタイルで アブラッソの形や 腕の位置や シークエンスの特徴などを
言ってるわけではなく


タンゴ文化を愛し
タンゴ文化を尊敬し
タンゴ文化を継承する意思がある者 

というような意味でのミロンゲーロではないかと思います。



フロアを大事にすること、 
エレガントな立ち振る舞い、
ミロンガの質をあげる一人としてのオシャレや、
襟のついたシャツを着ることや、

そのような

 粋な大人の集う場がミロンガで
   粋な大人がつくるのがミロンガ 

ということが含まれた ミロンゲーロ というワードなのかな と。



チチョのイメージとは真逆のような 印象かもしれず

これだけ タンゴのコード(しきたりとか色々)を
ぶっ壊してきた人なのに?! とも思われるかもしれませんが


根底として 
感覚として

アルゼンチン人であり
移民の祖先を持ち
ブエノスっこであり

ミロンガのざわめきを感じ続けてきた

という根っこがあるからこその

コード破り である  という  ね。






ちょっと私は英語が苦手なもんで
この新しいインタビュー は わからなかったんですが、

実際にその場で生の声を聞ける人はいいですね。

羨ましいなあ。





に しても この企画
よく続くなあ〜。。。。

ペパさん すごいなあ〜。


ブエノスによく遊びに行ってた頃は
ペパさんがオーガナイズするミロンガへも
時々行ったものです。

なつかしい。




また明日^^







スポンサーリンク


本  自分で「始めた」女たち


友人から 本が送られてきました。

私が読書好きであることをよく知ってる彼女ですが
(昔はよく読んだ本を交換したりしました)

でも最近は なかなか読む時間をつくれないことを
少しこぼしたものですから

気を遣わせてしまいました。


でも ドンピシャリ私の興味を十分に引く、

時間がないなんて言ってないでページを開きたくなるものを
何冊かチョイスしてくれました。



その中の1冊 はジャケ買いだったそうです。


わかります。


私もこの本を 平積みで見つけたら きっとジャケ買いします。


































自分で「始めた」女たち



なんか いかにもかっこいい強そうな女性がズラリ。


クリエイティブなお仕事をされてる女性へのインタビューが
112名分もぎっしり詰まってます。

よその人の人生はどんなだろう? って やっぱり覗いてみたくなるんですよね。


知らない国の
知らない街の だれか。



特に 素敵だな と パッと目を惹かれた 3人の女性




























まったく違ったタイプの3人だけど
芯の強さと フェミニンさの絶妙なバランスを感じます。

2番目のリンダさんの

こどもの頃の夢が「人魚」って。 叶ってるよね(笑)

もう身に纏ってる雰囲気が完全に人魚。 



112人の仕事部屋や 自宅の写真なども満載で

ファッション誌として見ても楽しく
インテリア雑誌としても  あーこんな椅子欲しい とか 楽しく
アートの飾り方とか見ても  へーえ って思ったり


結構な厚みのある本ですけど


ページを開いた ある女性の
「1日の良し悪しは自分次第」 と言った言葉がぐっときます。


また ある女性の
「自分の意思で
  持たない ー やらない ー 行かない と
決めるのと、それが出来ない のではまったく違う」
と言った言葉も
ああ、その通りだな と考えさせられます。



華やかな人たちで 自分の人生にまったく参考にならん と言ってしまえば
そうかもしれないけど(笑)


よその人の人生をチラ見するのって   楽しいです。



帯には
人生に正解なし ってあるけど。


いや、どんな人生も 自分のためにしっかり生きれば 正解なんだよな。










16日(月) サカーダ ワークショップです。

ぜひ。


また明日!



2019年9月13日金曜日

世界の誰かとタンゴを踊ろう!


これ 入門クラスでは 鉄板で話すことなんですけど

タンゴって 言葉が通じなくても
どこの国へ行っても踊れるよ

    ってことをですね、お話するんです。


ただし、
それは 即興であるサロンタンゴの リードフォローの
システムをきちんと学び、
今や 全世界で共有されているワールドルール
しっかり身についたらね  という条件付きなわけです。



その条件をクリアしてゆく壁はなかなか高く

時間がかかるし

大変です。


それでも 基礎から コツコツ練習するわけです。





それで、生徒さん皆さん 海外旅行へ行かれたり、
海外出張される方も多くてですね


検索して ミロンガへ行かれるようになるんですよね。



そりゃ最初のうちはなかなか勇気が出ないものでしょうけど


教室へ地道に 3年も 4年も 5年もかけて習ってるようになれば
自信もついてきて
行ってみようか という気持ちになるのでしょう。



ずっと以前のことですが、
どこだったかな・・ スペインあたりだったかな?

海外旅行へ行かれた女性の生徒さんが、
ふいに 勇気をだしてミロンガ行ってみようかしら と思い立ち

その地元のミロンガへ立ち寄ったそうです。
キョーレツに緊張して。

そしたら 思いの外ウェルカムムードで ものすごくたくさん誘われて
踊りまくりな状態になったそうです。

それはそれは ものすごく楽しかった と。

興奮気味にお話聞かせてくれました。



それで

「先生。ほんとなんですね。

ここで 毎週ちょっとずつ学んでいって、
自分では合ってるのかどうか
自信のない時もあったりしながら、

それでも ちょっとずつ習ってきて

それが 本当に世界で
ここと同じことが 繰り広げられていて

自分でもその中に入ることができるなんて
スゴイな って 、感動しました。

先生のしてることはスゴイことだと思います。

何も知らなかった私たちを ゼロからここまで教えて
世界のどこででも踊れるようにさせちゃうなんて、
スゴイと思いました。」

と。



ええ ええ 泣きましたとも。

あたしは すぐ泣きますからね。 

感激して 有り難くって 泣きましたとも。



私、
へーえ、ほんとに踊れるんだ!  って思ってほしいな  と
思ってるんですよね。

いつも  
入門クラスとかで。



入門クラスで 今まで何もダンス経験ない方は
「どのくらい踊れるようになるんだろ?」みたいなことを

割と 疑った目でくるんですよね(笑)


それで ほらね、踊れるでしょ。 と言いたい。
ビギナーズミロンガでまずは それをちょっと感じて欲しい。


ところが やってるうちに
「あれ?  何か違うか? これか? こっちか?」と
探ってゆくうちに

実は すごい深くて 先が見えなくて

歩き出しちゃったから 出口の見えないところをテクテク歩き出す。



やっぱり 急がば回れ じゃないけど

しっかり足元固めながら、先導してくれる人の声に従って
歩いた方が早いんですよね。



タンゴは習う順番がとっても大事だと思うんです。


すっとばさずに 積み重ねることが。



でも、生徒さんは 知らなくて習いにくるんですから

コレの次に コレをやるのが すっ飛ばしてることになるかどーか

自分で判断はできないじゃないですか。



だから、適切にクラスを案内してゆくことは大事だな と
思っています。




世界のどこでも踊れる楽しみを伝えることが出来て
私も幸せです。

世界中の人と 一期一会で タンゴを共有できる って

ほんとに人生を豊かにするなぁ  と思います。



タンゴっていいね。



また明日。





スポンサーリンク


競輪 山賀選手がかっこよすぎる


今回千葉県を襲った台風の影響

今日はようやく涼しくなり少しホッとされてるのでしょうか・・
熱中症で倒れる方も多いと聞きますし、心配ですね。

早く復旧することを祈るばかりですが、


そんな中、競輪選手の山賀雅仁選手の話、聞きました?

ガソリンスタンドで 足こぎ給油機でのボランティアを
されたとか。

11:00から 休憩を挟みながら 17:00まで!!!








普通の人が3分かかるところ、さすがトップレーサー 半分の1分半
給油してゆくペースで

普通の人が5台分給油すれば 足上がらなくなるところを
連続50台くらい漕ぎ続け
全部で 150台給油したとか!!


どんだけーー?!


もーれつなトレーニング!!!
そして役に立つ!!
喜ばれる!!!!


素晴らしいですー。





今日、私がご飯の支度をしていたところ・・
母せつこが  きゅうりを切ってくれたのです。

のそーー っと 背後から忍び寄って スッと きゅうり持ったから
超 びっくり。

先週から変えた薬が合ったのか 劇的に症状がよくなった感じがして

もう何がなんだかわからないけど

とにかく きゅうり切ってくれたことが すごく嬉しかったです。


泣けました。





今夜はZ です。

ぜひ。





スポンサーリンク



2019年9月12日木曜日

ラジオ好き


私 ラジオが好きなんですね。

身支度しながら 食器洗いしながら   洗濯しながら という

手を動かしていられるのに ニュースも時刻も情報も
耳で受け取れてる。
タイムリーに  っていう距離感が好きです。



それで、今日聞いてた J-WAVE で
クリスともこさんの グッドネイバーズを流してたら

リスナーさんからのメールで

  「お花屋さんの見切り品のバラを買って
   きちんと長持ちさせてあげれて嬉しい」

みたいなのが ありましてね


その時、クリスともこさんが

「私 見切り品って言葉がなんか苦手
まだまだイケるよ  とかね  
そんな感じでもいいんじゃないかな 」


とね

サラッと言ったんですよね。
ほんと サラッと。




すごくいい。
見栄えのいいものから売れてって 残ってしまった

あるいは  期限が迫ってて「見切り品」と書かれてるポップが


「まだまだイケるよ」だったら すごい売れそう。


それ、いいなー。







カルディで買った
韓国海苔のふりかけ アーモンドとか野菜とかも入ってて
すごい美味しい と言ってたものも
ぜひ買ってみたい。



私の消費は ラジオの影響をそのまま受けている





最近のお天気 えらいこっちゃだね。

千葉方面の方、お気の毒だわ。。。




また明日





スポンサーリンク