2022年1月18日火曜日

ロンダのまわりかた

 先週のことですが
「ロンダのまわり方ワークショップ」というのをやりました。

ここ数年ずっと思っているのですが、なんだか世の中的に


斜めに踊ってくるリーダーが増えてる気がするんです。

斜めに踊ってくるって ちょっと意味がわからないと思いますけど(笑)


二人がアブラッそした時、フォロワーから見て

相手の頭は少し右にずれてありますね。だいたいね。


そうすると私の右肩越しのラインに進行するはずで、

私は自分の右肩下あたりでサリダのクロスをするはずです。

それが 私の言う まっすぐサリダをしている感覚です。



で、最近 ネット上でも ピスタの周り方とか ロンダの踊り方 とかで

"部屋を放射上に進みましょう"といった情報がたくさん出ているかと思いますが



    こんな感じ?  ↓



で、真っ直ぐサリダをすることを、頭を起して姿勢を正して出来るようになって
ないうちに、この”放射上に” っていう意識が入っちゃうと

リーダーがフォロワーの方へ 頭を向けて
  (つまりリーダーの首が右へ曲がってる状態)
向かい合った平行な胸の向きに関係なく 右曲がりのサリダになってしまうんですね。


それが 斜めに踊ってくる  ということなんですけど




そーすると リーダーから見たレソルシオンは

イメージ的には本来こんな感じでありたいのですが


斜めサリダのレソルシオンは こんな感じになりがちです。


踊りづらい上に みっともない。



部屋の放射上に胸が向いても、

相手に対して 真っ直ぐ進まなければ おかしいですね。



どーも 最近そーいう男性が増えてるような気がして
気になって眠れないって感じです。



ところで、ロンダの踊り方ワークショップでは


① 放射上に でも放射上に対して真っ直ぐ踊りましょう

② 部屋の角の利用の仕方とジグザグ走法に挑戦しよう

③ 進む動きと停滞する動きを組み合わせてみよう


こんなテーマに取り組みました。

①がまさに 斜めにならないけど、部屋の外へ向かう練習ですね。
このポイントは骨盤です。

斜めに進んでしまうのは、頭(視線)が曲がるのにつられて
腰も曲がってしまうからです。

なので、進みたい方向へ向かって 骨盤が曲がらないように
安定させておくことが大事ですね。


これ、自分では「お!今 骨盤曲がったな!」なんて
なかなか気付けないので、難しいですよね。

二人で組んでしまうと、ますますわからないので、
やっぱりタンゴって シャドー練習が大事だな って思います。



②の 部屋の角を通る 

これも鉄板ですけど、かと言って すごく空いてたり
自分が渋滞の先頭になってるのに、杓子定規に角を通れば良いものではなく

基本的には前の人との距離感が大事です。

「前の人との距離が詰まり過ぎないように角を使う」が正解です。



③ 進む動きと停滞する動きを組み合わせる


前の人との距離を適切に保つために、前の人が進んで
自分の前にスペースができたら、すみやかに進む。

これが本当に大事です。

これをしないで、いつまでもヒーロやパラーダの組み合わせで
その場に居続けてると、後ろの人が困ります。


このような話は、リーダーだけの練習かと思われがちですが、
ロンダの流れを乱すのは、意外とフォロワーだったりします。

最初の"斜めに踊ってる” を フォロワーもやりがちで、

部屋に対しどの角度に居る場合も相手に対して向かい合う
これを感覚としてわかってないフォロワーが とても多いです。



去年は豊洲の会場をお借りして

ものすごーーく広い会場でのミロンガをしました。


その際、ロンダの流れがうまくいってないな、という印象でしたが

次こそは きれいに流れますように。




今年もまた あんな広くて素敵な会場でミロンガ出来たらいいな、と思います。



ではまた(´-`)










2021年12月22日水曜日

広〜いサロンでの踊り方・小さなサロンでの踊り方

先週はまたまた豊洲でミロンガがありました。

今回は おぎの・せきや・しゅうへい の3人がオーガナイザーの
「おぎ へい や」 でした。




この画像は ↑

「おぎ担当の荻野です」
「へい担当の周平です」
「や 担当の関谷です」
といった具合にご挨拶をしているところです。


DJ は Ham でした!!  ありがとう!





ちょっとお時間を頂きまして
ズラッと "関係者" 全員が並んだのが この画像 ↑


久しぶりに会えると嬉しいな〜。



左から
周平
せきや
澤田
麻耶
おぎ
真由美
荒木
わたし



この日に限って綾子が来れなかったのは
本当に残念。 また次の機会にね。  紹介はしたよ♩




ああ、この写真も大事に大事にしておこう。






さて、この会場、私にとっては
またまた初めての場所だったのですけど


なんですか! この広さは!?!!!




























ひろ〜〜〜〜い!!



こっち側では レインボーブリッジも見えてましたよ!!

何これ めちゃくちゃのびのびタンゴじゃないですか!?!?





それで

受付に座って 踊っている会場を眺めていたり、
わたくしも 幾人かの方と踊りましたけども


これほどの広い会場・・・・・・  ここにいる人
みんな こんなところで踊るの 慣れてないんだわね と感じていました。



ぜんっぜん 流れていないように見えたのですね。


実際 踊ってみても こんなに広いのに 流れが悪いように思えました。




広いサロンの場合

かなり積極的に  進む意識を加えて踊らないと  全員が辛いことに
なるのではないでしょうかね。

歩いて歩いて歩いて歩いて ヒーロして みたいな



もちろん
小さなサロンの場合

これも 進む意識が必要であることに変わりはありません。

が、実際のところ 狭くて混雑していれば 渋滞になるのは止むを得ないこともあって
細かなリズム取りとか、同じ場所に居つつ 向きを変えながら
前後左右を小さく踊っていなければならないですものね。



なので、
狭くても 広くても  進むのは大事

でも  広いほど ますます積極的に進まないとね。

ということです。



MYスペースと 前の人とのスペースに距離が出来たら詰める。

これは基本的に変わらないので



広いのに 停滞してる組があると  ほんと困るよね。




へたにスペースあるからか、横断したり逆走してる人もいた?
困ったにぇ。


クンパルのLINEから サロンの踊り方無料レポートでも
ダウンロードして読んで頂けると良いのですが・・・。









来年、またこんな のびのびタンゴやりたいですね〜!





では、また!






オマケ

おぎちゃんが撮ってくれた↑


真由美に「きれいだねー」と言ったら

「きちんとしてこないと先生に怒られるから」だって(笑)


「もうちょっときちんとした格好しなさい!!」と言ってたのが
15年前くらいなのか?  懐かし〜〜〜(笑)


来てくれてありがとーー。















2021年12月6日月曜日

リアルバイラ

今週の日曜日
いつもはオンラインでやってる タンギズムを
教室でやります。


先月もやったのですが、めちゃくちゃ楽しかったです。

振り付けで1曲まるまる踊るので、

動きの練習になることももちろんですが、自分でミュージカリティをとれる
おもしろさは格別です。

タンゴの概念変わりますよ!




タンゴシューズでやっても

フラットな靴でも
靴下でも
なんでも好きなものでOKです。


今回は「Poema」です。



ご予約サイトより受付中!






2021年11月27日土曜日

有難い

日本では ここのところ だいぶ落ち着いてきたからか、
クンパルにも 超久しぶりにレッスンに来てくれる方が
少しずつでてきました(T∇T )

再会・・・・やっぱり嬉しいですねー。

会えること

踊れること

有難いことです!



それに、他の紹介などで、新しくクンパルへ来てくれた方もあります。

これまた 有難いことです!







”有難い" とは 仏教用語です。


「有ること難い」「めったに会うことが出来ない」

という意味です。


会えること。

踊れることの奇跡は あたりまえではないのですね。




世界を見ると、まだまだ混沌としておりますが

国によっては フェスティバルの開催などもされているようで・・・


一時はどうしているかな〜・・・ と気になっていた
チチョ・ファナも 健在で 素晴らしいダンスをしています。


ファナはショートカットがすごく可愛い!!!






この人たちは 本当にすごい。


唯一無二の創造力。 ただただ素晴らしいです。





文字通り「有ること難い」「めったに会うことができない」という意味の

「有難い」

世界のどこかで踊られている、そんなに希な動画に出会えることは、

もったいなく、恐れ多く




ありがたいことですなー。








2021年11月16日火曜日

パリージャ

先日、またまた秋葉原のミロンガへお越し下さった皆さま

どうもありがとうございました。



今回の生演奏も本当に素晴らしかったです(T∇T )


演奏に感動してしまうのはもちろんなのですが、

私、演奏に感動してる人を見て感動してしまうんですよね。


私のそばに立って 演奏を聴いていた女性が
素晴らしい演奏に胸がいっぱいになって
みるみる目に涙をためて 頬を紅潮させながら恥ずかしそうに
うつむいた姿を目にしてしまいまして


完全にノックアウトでした。


演奏に感動

彼女の涙に感動 

ダブルの感動で ゴゴゴーでした。




今回の演奏はパリージャだったそうです。

パリージャというのは ブエノスアイレスのミュージシャン独特な
言い回しで 即興演奏のことを指しています。

ぶっつけ本番の即興セッションで 何が面白いかって

演奏されてる人たちの視線が交わされている瞬間ですよね。


会話  ほんとに見えない会話が バババーってされててスゴイ。



最後、ラ・クンパルシータが流れた時は
会場から手拍子が聞こえてきました。

手拍子される演奏のミロンガなんて初めてでしたよ!!




で、ミロンガが終わったあと、
超久しぶりに 打ち上げに行きました。



打ち上げだなんて、本当に本当に久しぶり。
店が開いてるだなんてね。




嬉しいことに、ピアノの松永さんと、バンドネオンの北村さんも
来てくださって、めっちゃ楽しい話をたくさん聞かせてもらえました!


パリージャの時って、曲目なんかはいつ決めるんですか? と
聞きましたところ

「今回は前日の朝 8時半に集まって 軽く決めました」とのこと。


前日 ∑(´□`;)



演奏中 バチバチ視線をかわしていた時の心境や
細かいやりとりのお話なんかも聞かせてもらいましたが


ピアノの松永さんは

「ぶっちゃけ 指を間違えちゃうとかは全然いいんです。
それより 踊ってる人たちのことを見ていたい。

踊り手に合わせて 一緒に盛り上がって弾いていたいと思うんですよね」と。


かっこいいいいい!!


だからこんなに踊りやすくて 楽しいんですね!



毎回 何枚か写真を撮るんですが、今回 私も割とずっと踊ってたので
2枚しか撮れなかったんですね。







そしたら たった2枚しか撮ってないのに
本当にそのうちの1枚で 松永さん 踊ってる人見てました(笑)



めっちゃ見てる(笑)




ダンスも 即興で踊る場合、直前で曲を決めて
本当にぶっつけ本番で 相手を探りながら踊ることもありますが

ぎっちり稽古を繰り返した 振り付けとはまた違った良さ、面白さがあります。

その場で生み出される、その時だけの感動って
ぐぐっときちゃいます。



いやー、素晴らしいミロンガでした。




あ、
私この日、メガネ持っていくの忘れまして・・・・

カベセオまったく 受け取れませんでした(笑)


最近 すっかり目がねぇ・・・・とほほ。。。