2019年2月12日火曜日

日本人の日本語力について


先日ね インスタであげたんですが

たまたま入ったうどん屋さんが 小さいお店だったので
店主さん 1人で切り盛りしてるっぽかったんですね。

それで ちょっと言葉がカタコトっぽかったので、
たぶん 中国か どこかの方なんだな って思ったんですけども


カタコトってことは、そんなにすごく日本に長いわけじゃないのかな

でも自分のお店持ちたいっちゅーほど 日本の「うどん」
興味を持ったんだろうな
すごいな ってね  思ったわけなんです。

うれしーじゃないですか。

私 うどん 大好きなので。

日本の食べ物に興味を持ってくれて お店まで出すなんて

大したもんですもん。



今 コンビニの店員さんも外国の方が増えましたね。

コンビニの仕事量とか 覚える範囲の広さっつたらないですからね。
私は からっきし自信ないですよね。ほんと。


よく行く定食屋さんでも 外国の店員さん多いです。



それで、コンビニのレジでも、食べ物屋さんでも

「っんだよ 頼んだのとちげーじゃねーかっ!!」
なんて
怒鳴ってる おっさんとか やっぱりけっこーいるじゃないですか。


あれ、
「わりーのは おめーだよ┐(´ー`)┌って
言いたくなってしまうんですよね。


ネームプレート見て、あるいは お顔見て わかったら
分かりやすく伝えようとしてほしーわ。あたし。

もぞもぞっと 早口で 指差しただけで
頼んだのと違うなんて言っちゃさ。
おめーがわりー ってわけよ。

日本人にだってわかんねー っちゅー 言い方する人
いるしね。


先日、おぎりんも 外国の定員さんに
「ゴハンノ リョウ ドーシマスカ?」 って聞かれて

「普通より ちょっと多めの普通」って答えて(笑)


店員さんは
「・・・・・・・・・・カシコマリマシタ」って
引っ込みましたけど



そんな微妙なさじ加減むつかしくね?

この店員さんが 今一生懸命 日本語勉強中で
「普通よりちょっと多め」の「ちょっと」の単語をひろって

少なめご飯が運ばれてくることは大いにありえることで、

でも こっちも悪いんだよ。

ここで一緒に暮らしてるんだもの。


歩み寄り が 必要だよなー。

タンゴ踊るみたいにさー。




私 アルゼンチン人のパレハなんかと話してて

例えば 私が「普通」っていう単語が分からなかったとするじゃない?

それを 何度も何度も
「普通だよ  ふ・つ・う! 
ふつーだってば! ほらフツウ!!」
って イライラと何度も言われると

もう泣きたくなっちゃうわけよ。

だって 何度言われたってわかんないんだもん。
その単語知らないんだもん。

そこを「フツウ ってね、中間、ノーマル、一般的な、
多くも少なくもないの  わかる? 」ってね、

一生懸命 似た意味の 他の単語をたくさん探してくれる
気の利いた人もいるのよね。

ほんと 気が利いてるよね。

スペイン語力もだけど、人間力高いな って 思うのよ。



で、日本人も 日本語力あげて 人間力あげてゆけたらいーよね

コンビニとか 食べ物屋とかでね

  なんてことを考えた っちゅー お話。




では。









2019年1月14日月曜日

あけおめ

え? もう年が明けて 2週間も経ってるの?

早いわねえ・・・・(;゚∇゚)


新スケジュールが なんとなく新鮮な感じで始まっております。

みなさん それぞれ楽しんでる感じだなー と嬉しく見ております。


レベル1 と レベル 2

うちの教室で 超肝心な土台づくりのクラスですけども

このカリキュラムを いじってます。


しっかり繰り返し練習して欲しい という位置付けの
2クラスなので
ものすごくタンゴの本質のところをつついてるのですが

つい悪い癖で どんどん掘り下げすぎてしまいます( ̄ー ̄;


生徒さんがポカーーーン とした状態なのを置いてってしまいがちです(笑)


土台づくりって深いわぁ〜〜。


地球の底まで掘り下げられそー。


たまらないわぁ〜〜〜。





今年もよろしくお願い致します。




2018年12月30日日曜日

今年の終わりに思うこと -2018-

今年は10周年を迎えた年でした。

あの10周年ミロンガでは、クンパル生のお手伝いチームに
大変お世話になりました。 

いや ほんと大変でしたよね。

こんな小さなスタジオに130人近い人がギューギューに入り
酸欠になるという事態(笑)

アッコちゃんのお花でつくった「タンゴの道」も嬉しかったし、
みんなのメッセージカードもさらに嬉しかったし

有志によるオードブルもケーキもロゴ入りというゴージャス版で
ほんと嬉しかったです。

たくさんのお花や贈り物もありがとうございました。


その10周年記念企画として
バス遠足も行きましたな。

あれ、今 思い出してもヤバイくらい楽しかったな。

ちょっと絶対また行きたいんだけど(笑)

Hさんの撮ってくれた動画のプレゼント なんと一人ずつ全員に!という
サプライズも  いや ほんと もう   ねえ?! すごいよねぇ。



今年の わたくしは  というと・・

いい歳こいて 何言ってんだ と思われるでしょうが

だいぶ 人見知りを克服し 頑張ったと自分を褒めております。


一人でよそんちのミロンガへ行ったり という行動も

人との距離感も。


ただ、慣れてないし、かなり意識して頑張って やらなければならないので

ただの馴れ馴れしい無礼な人ギリギリだな おい 

という痛い感じも 自分で味わいつつ・・・日々 探求でございますな。



しかしながら、今までだったら 絶対自分から話しかけられないよー という
場面も ちょっとがんばる  ということをしていたお陰で

初めましての方や
よそのミロンガでお会いした方や
あまりお話したことのなかった方などから

ブログずっと読んでるんです!  と言っていただける機会が
結構あって すごくすごく嬉しかったです。


そうすると、クンパル生とか近しい方からも ブログ読んでるよ と
声かけてもらえることが やけに多かったな と この1年を振り返っても
思います。

ずっと過去まで遡って読んだ とか

面白いから友達にもおしえた なんて言ってくださる方もいて


よーし 来年もがんばろう  と心を新たにした次第です。


とにかく七夕で目を光らせる というのはマストですな。



面白いことと ちゃんとタンゴのことを バランスよく
書けるようだといいんですけどね。。


割と最近書いたことの中で

ミロンガでお行儀悪いのはダメだ っちゅー話を書きました。


あのような話は とても大事なことだと思うんですね。

ビギナーズミロンガではマナー講習もするのですが、


たぶん 本当に必要なのは 何年か経って 慣れてしまってる人たちなのです。


クンパルは 教室の中で 競争という要素ができる限りないように
気をつけているつもりでして

それは コミュニケーションが とても大事な踊りだからで

はっきり言って タンゴってダンスの中でもかなり難しいですし、


その難しい踊りも コミュニケーションがうまくいってると
それが拠り所となって 練習もそんなに辛くない というようで
あって欲しいんですね。

仲間で助け合う とか ですね。


ところが なーなーな関係になってしまい

親しき仲にも礼儀あり っちゅーのが壊れるとよろしくないと
思うんです。


確かに、親しいし 友達だけど タンゴというのはやっぱり
男と女の踊りなので

お酒飲んで 悪ふざけが過ぎて セクハラしたり 言葉で傷つけたり

そーやってお行儀悪いのは ほんとダメなのです。


教室はタンゴという技術を伝えると同時にミロンガ文化を伝える という
役目でありますが

教室であるからこそ 教室でミロンガ文化を伝える というのは
難しいもんだな  というのも痛烈に感じております。

これは 来年まで課題持ち越し ですな。



私は日本アルゼンチンタンゴ連盟におりますが、
今年は そちらも忙しくしておりました。

定例な活動のひとつに 当連盟の会長が講師として行なっている

音楽講習 というのがあります。

これも毎回 クンパル生も何人か参加して下さって嬉しい限りですが


この音楽講習はですね、毎回テーマに沿った内容を映像で見ながら
会長が解説されるんですね

その時代背景だったり 人物相関だったりですね

で、お話の中に ちょいちょい「余談ですが・・」が入るんですよ。


私は この余談が大好きでしてね。

私みたいなタンゴオタクにとっては 大変 価値ある余談 なのですよ。



それで、私も今年はレッスンの中で 価値ある余談を出せるようでありたいな
と思いましてね、

結構 レッスンの中で タンゴダンサーの古い話や、
日本のタンゴ業界の流れや、
音楽の話や、
踊り方の今昔話 なんかをしました。


ふと気がつけば 私もタンゴをかれこれ20数年踊ってますから

私にとって 当たり前に知っている話でも

今 このアルゼンチンタンゴに興味を持ってる人にとって

価値ある余談としてお話できるのであれば

他の先生では出来ない 意外と大きな強みになるかもしれないな と
思ったわけです。

来年もレッスンの中で価値ある余談を チョイ出しできるようでありたいと
思っております。



音楽講習と言えば、今年はクンパルから新たな DJも加わり
ミロンガに新しい風が吹きました。

新年を迎え 1月も DJ -Hamのビギミロ、VJ - NAGHI のシエテです。


そしてクンパルのDJ と言ったら なんといっても ミックスくんなのですが
忘年会では DJ -kazumix で 2018を締めくくることが出来
感謝です。




年が明けたら 新スケジュールで始まります。

    その前に おぎや ですけど。



もっともっと上達させたい
もっともっと楽しませたい という欲をガンガン出してゆこーぜよ と

思っている次第でございます。



どうもありがとうございました。


来年もどうぞよろしくお願い致します。