2019年12月10日火曜日

青山時代のクンパルシータ 〜その1〜

タンゴのスタジオは年々、
ほんとに 年に2件ずつくらいの勢いで
増え続けていますが、

どこも タンゴーー って感じの ゴージャスで
素敵なところばかりですな。

タンゴ  という この単語だけで
世間の想像する世界観みたいなものは
ありますものね。


ようやく  フラメンコとはどーやら違う という程度の
認知度はされてきたように思いますが

でも  まだ 社交ダンスとの違いにまでは至ってない

そんな ポジションですかね。。








私たちが麻布十番で今のスタジオを開く前は
青山でクンパルシータを始めました。


私自身はチョロっと小さなスタジオをやったりした
経験もあるんですけど 


その頃は あんまり  どんなスタジオにしたい とか

明確なイメージなんて なかったんですよね。



そんな場合じゃないっちゅーか
必死っちゅーか(笑)


ほんと 場所さえあれば 何だっていーよ みたいな。


で、当時は 他にぜんぜんタンゴスタジオがなかったので

比較対象とか イメージつくる基準みたいなものも
あんまし なかったしね。



ただ、私の師匠のスタジオは 壁紙や廊下のカラーを
赤と黒にされてて

だから  なんとなーく 私も

タンゴっちゅーのは 当然 赤と黒だろう という


自分の意思とか関係なく 流されてましたね(笑)





そんな ぼんやりした状態でつくったのが
青山のクンパルで




なんと 探してみたら当時の写真が色々出てきたのですが

これが 青山クンパルの看板。










THE TANGO   って感じだね。

全部 私がデザインしたんですよ。
すごいでしょ。


タンゴレッスン&タンゴブティックなんて
言っちゃってるね。



イラストの女性の髪には 赤いバラくっついてるし!!!

だから、アレだよね
今思えば そーか 私もこーいう世間の期待通りのタンゴだったんだなー  って
感じっちゅーか
や ほんと定まってなかったですよ。





ちょっと前に バブル期のタンゴの話書きましたけども


このビルも 超バブル期真っ只中に建てられたビルで
すっごいゴージャスだったのですよね。


全部 大理石で出来てるの(笑)


すごいでしょ。



大理石の階段をおりて 地下へ入っていきます。






懐かしいな〜。

この踊ってるロゴは 判子で今でも使ってるロゴだよね。


あの判子さ、この時 シャチハタで作ったんだけど







コレね ⤴︎
長持ちだよね〜。 シャチハタ!!
ずーーーーっと使ってるんだから
コスパ最高だよね。


で、これ もうお気づきだと思うけど実写なんだよね(笑)



一体 どの写真から切り抜いたんだろ と思って探してみたけど
膨大にありすぎて 探すのもうめんどくさ(笑)




似た感じで この青山クンパルスタジオの中で撮ってる
こんなのが出てきたよ!

おぎりん若い!!!!!










後ろで写真撮ってんのが Macさん ってひと。



いやはや。

明日は もう少し スタジオ内部に迫ろう!!














スポンサーリンク








2019年12月9日月曜日

台無し

うおおおお

ここまで  さんざん書いたもの

消してまった(T△T)



もう仕上げに入ってたのにぃぃぃ・・・





ちょびがさぁ、

なんだか暴れ出したから

慌てちゃって 消しちゃったよぉ。



加湿器に体当たりしてるんだもん(笑)

水がこぼれるじゃん。






もう 同じもの書く気になんかなれない。



たいしたこと書いたわけじゃないけどさー。。。






ちょびさぁ、元気になったのは もちろん嬉しいけどさぁ、

なんだろ   手術してから 性格がちょっと変わった気が・・・( ̄ー ̄;





大らかな子だったんだけど、

喜怒哀楽が激しいなぁ・・・最近は・・・。






もずくスープ食べるからいい。


ちぇっ。







チーン。






スポンサーリンク


2019年12月7日土曜日

若返りタンゴ

昨夜の 重心の移動ワークショップ

個人的にめちゃくちゃ楽しかったです。


私が 伝えたいタンゴのとなるところ っちゅーか。



ほんと  あたし ただ歩く とか  あーいうの好き。





先日 93歳の女性が踊る画像をあげたのですが


タンゴを踊る人たちって
みんな若いな って 常々思ってるのですよ。


外見って ばかりでなく、
気持ちとか、
表情とか そーいうの。




体を動かしてる  という肉体的なこと

人とのコミュニケーション

音楽



それと  集中  に その秘密があるのではないか と
睨んでいるのです。


いやいや、確実にそーなのです!



マインドフルネス  って ビジネスマンにとって必要なものとして
最近では 言われてますけど

昨日のことや 過ぎたことや
明日のことや 先のことなどが頭の中をめぐる状態ではなく


今  現在の状態を感じていることによって

脳がクリーニングされるらしいんですね。

すごいですよね。





タンゴは 二人で向かい合ってるものなので

「自分の今」 ではなく

「二人の今」 です。



相手の 乗ってる重心の圧の強弱
速度などを  集中して感じ
自分の体に置き換えていく

自分でも 相手と同じように コピーしてゆく

そんな作業がタンゴです。




一人で、 自分で自分に集中することより

二人で、相手に集中した結果 自分に映る って


マインドフルネス効果がになっている気がするのです。





10数年続けてらっしゃる 周りの タンゴの先生たちを見ても
皆さん どなたもほんとお若い!!



タンゴには まだまだ秘めた力があるように思えます。





でも、
あの 歩くだけ
二人で歩くだけ みたいなことなら
誰でも出来ることですから、

タンゴとか 踊ることに抵抗のある方でも
一般の方にこの心地良さを広めてゆきたいな  と言うのが

来年の私の豊富です。


若がえりタンゴではなく、

「若がえりウォーキング」  として。




明日の投稿はお休みするよ(´-`)






スポンサーリンク



2019年12月6日金曜日

レソルシオンとは 〜その2〜

レソルシオンには大きく分けて


完結のレソルシオン と

つなぎのレソルシオン

 という2つの役割があるかと思っています。



完結と言っても 曲の終わりの終わりを指しているわけではなく


昨日書いたように
文章で言うところの「OOOOでした 。」の「 。」です。



流れ、 フレーズの切れ目  など ですね。


特に 歌の入り口など、丁寧に1つ前のフレーズを
「完結」させてから、
たっぷり時間をかけて歌の導入を感じたりすると
素敵です。


なので、その完結は急ぐ必要がなく
きちんと丁寧に 足を揃え
音楽と
相手を しっかり感じていたいものです。


そのような状態を パウサ といいます。

動きを小休止している状態です。


パウサにもまた 音楽によって

本当に呼吸も止めるほどの ピタッとしたパウサや、

ふわ〜〜 と エネルギーの余韻が流れ続けているような
パウサなど


それらが 音楽性、ミュージカリティとなってきます。





完結を意味させる レソルシオンに対し

動きのつなぎとしてのレソルシオンは


レソルシオンを通過して
オチョやヒーロなど
違う動きへ
文字通りの つなぎ ですね。




つなぎ というか レソルシオンの質で 悪い例としては

閉じかけたと思ったら もう 次へ 次へ 次へ

1つ何かやっては いちいち レソルシオン。


いい加減な つなぎ に見える レソルシオン。

これは よくないなー  と思うわけです。


このような質のレソルシオンの時、
ほとんどの人が 自分の持っている悪い癖も
出してしまうのです。

跳ねたり
内股になったり
腰が外れたり




ただ、習い始めの頃は 1つ1つ 部品を足してゆくので
仕方ない面ももちろんあります。

でも 例えばサリダのクロスから横へ開いたり、
レソルシオンから後ろオチョをしたり、

展開の仕方や方法を習ってきたら、
少しずついくつかの部品をつないでゆく意識をしたいですね。


ゆっくり考えながら丁寧に踊ることでしか
解決しないでしょうね。。


私は時々、初心者さんの個人レッスンなどで

 今から1曲  レソルシオン3回だけで踊ってみましょう

という課題を出したりします。





出来るかな??

どうでしょう??





今日のお話は 男性目線のことでした。





女性にとって
フレーズの切れ目や パウサの上手な人って
気持ちいいですよね〜〜。


また明日!





スポンサーリンク



2019年12月5日木曜日

レソルシオンとは 〜その1〜

よく 言ってることの1つに

うちは
レソルシオンに日本一うるさい教室だよ

というのがあります。



足を揃える

きちんと揃える


その状態がレソルシオン  なんですね。



タンゴの 基本ステップは

  ⓵ ボックス (バルドッサ)

  ⓶ サリダ

  ⓷ サリダ コントラスピエ
    (サリダクルサーダ)

この3つが土台ですが、いずれも レソルシオンで
閉じます。





完結

閉じる


お話や文章で 言うところの「〜〜〜でした。」の

「 。」 ですね。








このイメージから言っても

だらしなく 内股になっていたり、
ちょっと 浮いてたり
歪んでたり
左右が不揃いだったりでありたくないのです。





このレソルシオン

あまりにも単純で

あまりにも 当たり前のようであるだけに



なかなか 皆さん本気で 取り組んでくれないものなのです。


いや、本気のつもりなのに
イマイチ入っていかない

刺さらない



ひょっとしたら レソルシオンの大切さが 刺さるようになるまでには


膨大な時間がかかるのかもしれない  と

思っている次第です。




だって 日常で 「きとんと足を揃えてる」時間ってありますか?

ほとんどない という人が大半ではないでしょうか?


皆無 ってこともありそうです。



それなのに、踊る時なら

「たかが揃えるくらいなら出来る」  ってなりますかね?








昨日は 長年コツコツ レッスンをしている生徒さんに
このレソルシオンが

刺さった  手応えを感じました。


私としては 祝杯をあげたいくらい
素晴らしく 嬉しい出来事でした。



ここへ至るまでの間

   ヒーロがどーした

   サカーダがどーした

   ガンチョがどーした

   音の取り方がどーのこーの

   手が悪い

   肩が悪い

   オチョが どーしたこーした

   (↑ これらも大事なことではありますが・・)


そのようなことを ずっとずっと繰り返し繰り返し
積み重ね  積み重ね

その都度  何度も 何度も 何度も

  でもね   レソルシオンがね ということを

言い続けてきて


ようやっと晴れて刺さったわけですよ。






これがね、

ミラクルのように 

1つの レソルシオンが 変わったことによって


一気にドミノが倒れるかのごとく

踊り全体のグレードが バババババババーーー  って
上がるわけです。


単に テクニック ということでなく

踊りのクオリティが上がるんですよ。



よくここまで 頑張ってくれたなぁ と
感謝しています。

同じことを うるさく言われて
めげてしまったこともあるかと思いますが

それでも 続けてくれて・・・


ありがとうございます。










きちんと立って
きちんと揃えて  はじめて重心の移動の正確さが
出てくるわけです。







今週の金曜ワークショップは そんな

 重心の移動

を   レソルシオン  とともに練習です。


12/6(金) 19:20-21:00  ¥2,600-






それにしても・・・・


きちんと レソルシオン「完結」であれば
きちんと揃えるのが当たり前なのは

本当に当たり前ですけども

動いているどんな瞬間も
きちんと揃えた瞬間はたくさんあるのですよ。




頭1個飛び出たような 世界的ダンサーを
画像検索すれば

動きの途中でさえ

きちんと足が揃った画像が わんさか出てきます。





例えば  ファナ















いずれも まさに踊ってる渦中の画像です。

で、画像で見た限りでは
どっちの足に重心があるのか 見分けがつかないほど
きちんと揃えています。



おそらく

1枚目は 右足

2枚目は 左足

3枚目も 左足

だと思われます。







そして、有名なこの画像は カズミックス君も
よく使ってた  お気に入りのはず。。






チチョの足です。





これは踊ってる時ではないので
両足重心。





足だけでチチョだとわかる  あまりにも素敵な写真。









明日  もう少しレソルシオンについてね




    レソルシオンだけで引っ張る  引っ張る・・(笑)










スポンサーリンク