2009年4月28日火曜日

1周年に思う

一周年記念ミロンガ にお越し下さった皆様
本当にどうもありがとうございました。

まったく まったく皆様の応援あっての1周年です。

感謝の気持ちでいっぱいです。


素晴らしいタンゴを披露してくれた4ペア。
どうもありがとう。


後で青い人と しみじみ 感動したね と話しました。

やっぱりいつものレッスンで練習したことを
取り入れてくれてるのを見ると 胸がぐっとくるし

私達は 何よりもミュージカリティが大事 と いつも言っていて

そしたら彼らのつくった振りは すっごくミュージカリティを軸にしてるのが 伝わってきて・・・


ああ・・・・感動・・・・


それに  「先生 ほら これ見て」  なんて持ってくるYouTubeの映像は
私達も大好きで すでに何回も見たことがあるやつだったりして

そーか こんなに たくさんある中から コレを選んじゃうんだー って
すっごい嬉しくなったり なんつーか 大げさかもしれないけど

絆を感じると言うか



彼らの練習の過程は それぞれどっかで ちょっとした山場があって
気持ち的に 恐怖心みたいなものが出てきた頃があったように思う。

本当に大丈夫かな~ とか 間に合わないかも とか いろいろ。


でも そんなとき タンゴのいいところは相手がいる ということで

最終的には相手に助けられるものなのだ。


今回の4ペアも 実によく「相手を思いやりあって」最後を成し遂げたと思う。


参加したひとりから嬉しいメールが届いた


「ペアダンスって、一人では決してできなくて、二人で作るものなんですね。

今さらながら気がつきました・・・・・」


ほんとだねー。

相手がいるからこそ、成り立つんだものねー。


こーいう感想をくれる方がいること
レッスンで出来るようになったステップを取り入れてくれること
ミュージカリティ という方針が伝わってる実感を得たこと
好みのダンサーが同じだったこと
思いやりあふれる踊りであったこと


今回の生徒さんたちの発表は私達にとって
すごく すごく大きなプレゼントになった。

なんつーの? 勇気をもらった なんて大げさ?  


でも

あああ  なんかなーー  伝わるってなあー  嬉しいよなーーー




どうもありがとう。 ありがとう。 本当に嬉しかったよ。





この1周年ミロンガで 私達はカルロス・ディサルリの Viviani を踊りました。
5/22(金)のミロンガでアンコール・デモをします。
来れなかった方はぜひっ。



2周年 3周年  ・・・・ 長く続けてゆけるように これからもがんばります。
どうぞ引き続き 宜しくお願い致しますm( __ __ )m

0 件のコメント:

コメントを投稿